ある法人に個人情報を流用されました

つい先日、全く見たことのない株式会社から郵便物が届きました。

(ただのダイレクトメールか)と思っていると、社会保険労務士と中小企業診断士が役員をする会社からのものでした。社会保険労務士と言えば、個人情報やマイナンバーを含め『ひと』に関する情報を扱う士業、中小企業診断士は言葉通り中小企業の経営診断や経営コンサルティング全般を仕事とする士業。

ただ、この株式会社に個人情報を提供した記憶もありませんし、記録もありません。

ある株式会社に個人情報を流用されました

私個人の個人情報を流したのは、その社会保険労務士か中小企業診断士か、あるいは関係者なのでしょうか。全く分かりません。

その株式会社では、ヒトと経営のコンサルティングをするそうなのです。が、個人情報をどこかから引っ張ってきて、ダイレクトメールを送ってきました。個人情報の取扱いについても、入手経路についても明らかにされていません。
(法人の代表者としての私個人あてなら、登記簿・登記事項を調べればすぐに分かることですので仕方ないと思いますが、法人あてではなく個人あてにきたので。)

私の知り合いも、この株式会社から郵便物が届き、「どこの会社か知らんのに怖いわ」という感想を漏らしていました。

このような個人情報についての意識の低い会社に、誰がコンサルティングを依頼するのでしょうか。
いえ、おそらく、結構多くの方が、仕事を依頼しようとするのでしょう。それは、愛想が良いから。個人情報保護法を無視するような振る舞いをしようが何ら関係ありません。個人情報保護法どころか、労働法も軽視する姿勢が見えるようにも思える会社です。

半分ネタですが、その法人に個人情報を渡したことはありません。

先の知り合いとは別の知り合い曰く
「あの人、もともと他人(ひと)の話を受け流す人やったけど、何でこんなコトするのやろ。法人の方がかっこええと思てるんかな。」

「ヒトを大事にするコンサルティング」をするなら、もう少し個人情報も大事にしてください。よろしくお願いします。


おまかせください

●労働環境の改善コンサルティング・働き方改革の支援(長時間労働の見直し含む)
●人事諸制度のReborn(再生)
●各種「人事労務」テーマのセミナー講師
安全管理措置コンサルティング・特定個人情報取扱規程の策定
●マイナンバー監査サービス・内部監査対応
●無期転換・5年ルール対応コンサルティング
●社会保険料の節約・適正化コンサルティング
●労働条件自主点検表の書き方支援

株式会社 戦略人事研究所

a:126 t:4 y:0